So-net無料ブログ作成
ブーメラン星雲 ブログトップ

宇宙空間で最も冷たい天体「ブーメラン星雲」そこまで冷たい理由! [ブーメラン星雲]

宇宙空間で最も冷たい天体「ブーメラン星雲」
そこまで冷たい理由についての記事です。



・ブーメラン星雲について

そもそも、星雲というのは
宇宙空間に漂うガスや塵が


様々な原因から光ったり、
光を吸収して暗くなったりして
見えるものです。


そして、ブーメラン星雲とは
宇宙空間でもっとも低温な
天体だといわれています。


その寒さから、原子でさえも
凍り付いてしまうそうで
温度でいうと摂氏マイナス272度です。


815cd18a.jpg


地球からの距離は5000光年もあり
方角はケンタウルス座の方向です。


1980年にキース・タイラーさんと
マイク・スコットさんの2人によって
発見され、ブーメラン星雲と名付けられました。


当時は非対称的なブーメランのような
形からこの名前がつけられました。


しかし、その後の調査によって
蝶ネクタイや砂時計のような形で
あることが分かってきました。


さらに今回の調査でさらに正確な姿を
収めることができました。


boomerang-e1382928420372.jpg


ブーメラン星雲の特徴は
先にも書いた通り
宇宙空間でもっとも低温な天体
ということです。


これは1995年にチリで
ESO(ヨーロッパ南天天文台)
によって観測されました。


なぜここまで低温なのかというと
寿命を迎えつつある恒星の外層から
自らのエネルギーをイオン化したガスを放出


そのときに、
秒速135km~165kmという
とてつもない速さの風が吹いていて


それが宇宙空間に広がり、周囲の温度を
下げていると考えられています。



以上、
宇宙空間で最も冷たい天体「ブーメラン星雲」
そこまで冷たい理由についての記事でした。

ブーメラン星雲 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。