So-net無料ブログ作成
こぐま座の物語 ブログトップ

こぐま座について!神話の説明や画像など!! [こぐま座の物語]

こぐま座の神話の説明や画像についての記事です。


img_1495659_31156536_0.jpg


ギリシャ神話では、隣にいる
おおぐま座は
美しいニンフ(精霊)だったカリストの姿


そして、こぐま座がこのカリストと
大神ゼウスの間に生まれた子
アルカスの姿だといわれています。




カリストは、月の女神アルテミス
お伴であり、いつも弓矢をもち
野山で駆け回っていました。


ところがある時、ゼウスは
そんなカリストのことを


好きになってしまい
カリストに近づきました。


カリストはゼウスの好意を
断ることが出来ず
ゼウスの子を宿してしまいました。


その身籠ってしまった子が
アルカスということです。




アルテミスはそのことを知って激怒、
カリストがどんなに謝っても
決して許してはくれず


カリストをの姿に
変えてしまいました。


そのあと、産まれたばかりの
アルカスを置いて、森の奥深くまで
逃げてしまいました。




そのまま、年月が過ぎ
アルカスは立派な狩人
成長しました。


親と同じように、狩りが好きで
野山を駆け回っていました。


そんな、狩りをするため
森を歩いていたあるとき


偶然にも熊になって暮らしていた
カリストと出くわしました。




カリストは熊の姿に変えられて
暮らしていましたが


息子のアルカスのことを一時も
忘れてはいませんでした。


そして、嬉しさのあまり
自分が熊の姿だということも忘れ
アルカスに駆け寄っていきました。


しかし、アルカスは自分に
近づいてくる熊が
母親だと分かるわけもなく


矢を構えて、熊を
射殺そうとしました。




この様子をオリンポス山から
見ていたゼウス
アルカスとカリストのことを憐れみ


アルカスも小熊の姿に変え
2人を天上にあげて
星座にしました。


しかし、ゼウスの正妻である
女神ヘラは、
日頃からカリストとアルカスを
疎ましく思っていたため


2人仲良く天上で輝いていることが
許せませんでした。




なので、海の神オケアノス
女神テティスに頼んで


1日に1度海のなかに入って
休むことができないようにしました。


そのため、おおぐま座とこぐま座は
今でも一年中休むことなく


北の空をぐるぐる回り続けている
ということです。


以上、こぐま座の神話の説明や画像に
ついての記事です。



まだ読んでない方はこちらもどうぞ

こぐま座流星群について!!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
こぐま座の物語 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。