So-net無料ブログ作成
ふたご座流星群2013 ブログトップ

ふたご座流星群2013!見頃な時間帯や方角は?観測条件や極大日は? [ふたご座流星群2013]

ふたご座流星群2013年見頃な時間帯や方角、観測条件や
極大日についての記事です。


「ペルセウス座流星群」「しぶんぎ座流星群」と
並んで3大流星群のひとつである
ふたご座流星群


例年ほぼ一定して一晩で多くの流星が
見られるという点では、年間最大の流星群で


条件がいいと、一晩で見られる流星の数は
なんと500個を超えるそうです。


1時間で多いときに約100個の
流星を見られることも珍しくないとか。





また、最近では火球という明るい流星や
流星痕という流星が通った後にできる
光の筋などの出現が観測されています。


なので、ふたご座流星群は
とても印象的な流星群でもあります。




今年の極大日についてですが
残念ながら12月14日の15時ごろ
で日中となっていますので
14日の未明(0時から3時)が良いそうです。


それでもし、14日の未明に
見られないのなら
前日にずらすといいでしょう。


極大日を過ぎてしまうと
流星の数が減少する傾向にあるようなので。




観測条件としては
満月になる前の月ということで
月明かりが邪魔になること


夜明け前になると月が沈み
空が真っ暗になることから
まずまずといったところだそうです。


月が沈むのはいずれも
13日の3時、14日の4時前、15日の5時前
となっています。




:BGM流れます!!


なので、見頃な時間帯は
まず12月14日の0時から
明け方までの間


12月11日、12日の22時から
夜明けまでの間が見頃な時間帯で


観測するとしたら、
12月14日の0時から明け方まで
間の方がよく見られると思います。




ふたご座流星群は見る方角を絞らずに
夜空全体を見るようにしましょう。


どこに流星が流れるのか
予測がつきませんので。


20101214.jpg


というわけで12月の夜間は
かなり冷え込むと思いますので


防寒対策はしっかりして
風邪をひかないようにして
観測するようにしましょう。





以上、ふたご座流星群2013年見頃な時間帯や方角
観測条件や極大日についての記事でした。



興味があればこちらもどうぞ

ふたご座の神話について!!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ふたご座流星群2013 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。