So-net無料ブログ作成

2013年12月17日に金星が最大光度!月にも接近? [金星]


スポンサーリンク






2013年12月17日に金星が最大光度!
月に接近についての記事です。



12月7日に最大光度を迎える
宵の明星・金星


さらには最大光度の頃に
に接近します。


なので、今回は
最高光度を迎える金星について
紹介していきます。


119406805842716312575.jpg


見る方角は南西の空
日没後、どの星よりも明るく
光り輝いています。


なので、南西の空をみて
最も明るい星があれば
それが金星だと思います。


先程、最大光度の頃と
いいましたが


正確には、日没後の
12月5日、6日
三日月が接近しています。


三日月と金星のコラボ
ぜひとも
写真におさめておいてください。




最大光度はマイナス4.7
1等星の明るさが1だとすると
今回の金星の明るさはその100倍です。


どの星よりも光り輝く、
金星が宵の明星・明けの明星
いわれるゆえんです。


その後は、次第に高度を下げていって
年末、大晦日ごろまでは
西の低空で輝いています。




ちなみに
金星は地球の内側を回っているため


真夜中は見れませんので
ぜひとも夕方に見るようにしてください。


そして、12月なので
風邪をひかないよう


防寒対策はしっかりして
観測するようにしましょう。



以上、
2013年12月17日に金星が最大光度!
月に接近についての記事でした。




スポンサーリンク




nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

NO NAME

最大光輝は12月7日。
17日は間違い
by NO NAME (2014-10-08 20:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。