So-net無料ブログ作成

こぐま座流星群2013!見頃な時間帯やみる方向は?観測条件や極大日など [こぐま座流星群2013]


スポンサーリンク






こぐま座流星群2013年見頃な時間帯やみる方向、観測条件や
極大日についての記事です。



今年、2013年の最後を締めくくる
こぐま座流星群。


例年では12月17日から26日の間に
観測できて、今年の極大日は
12月22日の23時ごろとなっています。


前の記事でもいいましたが
極大というのは流星群の活動が
もっとも活発になることをいいます。





しかし、こぐま座流星群の活動を
観測することは、突発的な出現がない限り
難しいとのことです。


なので、この突発的な出現を
見逃さないようにしましょう。




観測条件としては下弦手前の月
あるため、23時から1時までの間が
好条件のようです。


また、この時間帯を過ぎてからは
月明かりを避けてみたほうがいいそうです。




見頃な時間帯は
まず12月22日の22時ごろから
23日の明け方まで、


12月21日の23時ごろから
夜明けまでの間が見頃な時間帯で


22日22時ごろから23日の明け方まで
間の方がよく見られるようで
こちらの時間帯にみたほうがいいですね。





こぐま座流星群の流星の数は
例年、1時間に最大で約5個だそうで


今年の観測条件だと流星の数は
1時間に最大で約2、3個だそうです。


かなり流星の数が少ないですが
月明かりが視界に入らない,
市街地ではない方向


そして空が暗い場所で、暗い流星でも
見つけられるようにしたいですね。




こぐま座と同じように、こぐま座流星群は
北の方角から現れるので
北の方角を中心にして観測するといいでしょう。


それでも、流れ星は北の方角に限らず
夜空全体を見渡すようにしましょう。


20091223.jpg


というわけで12月の寒空の下
長期戦が予想されると思うので


防寒対策は十分にして
観測に臨むようにしましょう。




以上、こぐま座流星群2013年見頃な時間帯やみる方向
観測条件や極大日などについての記事でした。



興味があればこちらもどうぞ

こぐま座の神話について!!




スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。